投稿

名残惜し…晩夏のフルーツ無花果

イメージ
つい先日まで「この暑さ、いったいいつ終わりが来るのかしら?」とため息混じりに呟きながら額の汗を拭っていたのに…急に涼しくなりましたね。 秋はもうすぐそこ。 でも、その前にどうしてもご紹介しておきたかった 晩夏のmy favoriteフルーツ無花果。 一番生りのデッカイ無花果と、小ぶりだけれど甘さを匂わせる風情に育った2番生り。 どちらもアトリエひこうせんのお庭で獲れたもの。私が、無花果が大好物と知って真夏と晩夏に2度プレゼントしてくださいました♡ 一番生りの大きさにびっくりですよね!あまりの大きさに驚いてメジャーとセットで写真撮影。 2度目に頂いた無花果で作ったコンポートは、舌の上に広がるプチプチ食感と滑らかな舌触りがなんとも言えず最高で、夏の締めくくりに相応しい味でした。 少しずつ赤く色づき始める山のカエデやモミジ、10月なかば過ぎには街のイチョウも葉を黄色に染めて青空に照り輝きはじめます。 素晴らしい「自然」と美味しい「秋の味覚」。 健やかな心身を育むために感謝の気持ちを込めて、さぁ自然の恵みを存分に楽しみましょう。もちろん、各自の責任でしっかりコロナ感染症対策をした上で! 10月号は、私立中学校・高等学校の説明会のご案内と大学の各種選抜情報に加え、地元三田学園中学校・高等学校の平内秀樹副校長の教育コラムの「教育特集」が見開き面に。そして「秋の美食探健特集」、9月号に引き続き「七五三」記事など読み応え十分。 9月30日(水)発行、10月5日までには皆様のポストに投函されます。おたのしみに!(編集室/ちぇけら・ケイ)

やっと9月。もう9月。

イメージ
厳しい残暑が続きますね。 いつも前もってブログで納品日をお知らせしているのに今回サボってしまいました。 8月28日から配り始めている9月号、もうお手元に届いていますでしょうか? 仕事は、ちょっぴりサボり気味ですが、 家庭ではけっこうマメに動いています。 ぬか漬けも続いているし、先日はブルーベリー、パイナップル & キウイフルーツ、レモンの3種類のフルーツ酢を漬け込みました。 夏恒例のゴーヤ・キウイ(皮ごと)・バナナのオリジナルジュースも毎朝ちゃんと作って飲んでいます。 体調万全なのは、このジュースのおかげかも! 迎える食欲の秋。 皆さんもこれから出回る旬の美味しい食材を使ってコロナに負けない体づくりに勤しみましょう! (たうんらいふ編集室/ちぇけら・ケイ)

ぬか漬けにチャレンジ!

イメージ
「今年の夏野菜は出来が悪いな~」 畑から帰ってきた夫が呟いている。ほぼ毎朝のこと。 たしかに格好が悪い。きゅうりなどアルファベットの「C」 か「J」ばっかり…。「I 」なんて数えるほど、茄子も可愛そうなくらいのアバタ肌。昨年は、惚れ惚れするようなツヤツヤ茄子だったのに。 天候のせいなのか、連作障害なのか、夫もはっきりは分からないらしい。(感覚で動くタイプだから調べて研究したり、追求したりはせず行き当たりばったり…しょうがないけど野菜作りにも性格出ちゃうんですね) ま、そんなわけで人様に差し上げるのも憚られるブサイクな野菜たちを漬物にしてせっせと食べています。 今年は、ぬか漬けにチャレンジ。 しかし…。 味噌汁用に出汁をとった煮干しを入れたり、昆布を入れたり。 ぬか漬け用にブレンドされた糠を買って「我が家の味」を作るために色々プラスしたのが裏目に出たのでしょうか?? 色は悪いし、酸っぱいし…↓ 仕事中、料理が得意そうな方に会ったら「私、今ぬか漬けに凝ってるんですよ、でも思うような味にならなくて」と話をふって『酸っぱいのは塩が足りない』ということを知りました。 また、温度が大事であることも! 改良を重ねた結果、徐々に美味しく色も良くなってきました ↓ そんなこんなで佳境に入った「ぬか漬け作り」でしたが、 先日の暴風雨で畑がぐっちゃぐちゃになってしまってしまい、きゅうりの収穫 ジ・エンド。 今は空っぽのぬか漬けタッパーが冷蔵庫を占領しています。茄子の畝は無事だったので次は茄子のぬか漬けにチャレンジしようかと思っていますが、茄子はきゅうりより数段レベルが高そう。 美味しくできたら、またブログにアップしますね。 さて、明後日は8月号の納品日です。 梅雨明けはもう間近なのに、コロナ禍の終息が間近に見えないのがもどかしい。 皆さま、お気をつけて…。 (編集室/ちぇけら・ケイ)

高橋聰のシネマあれこれ「島にて」

イメージ
 4、5月は新型コロナウイルス拡大防止の自粛でほとんど家に閉じこもって過ごした。家人が熱を出し「コロナか」とあわてることもあったが奇跡的に逃れることができて、多くの人が同じようなことを体験し、あるいはそれに巻き込まれた人がいると思うと、心が痛いところである。6月に入ると少しはコロナ禍も落ち着いてきていると思うが、未知のウイルスだけに予断は許さない。  先月に「仮説の映画館 ( ネット配信 ) で紹介した想田和弘監督の「精神0」がミニシアターの元町映画館などで上映が始まったと思われる。同じく仮説の映画館で上映スタートしたドキュメタリー映画「島にて」 ( 東風配給 ) も元町映画館ほかの映画館で随意上映が始まるだろう。山形県酒田市の酒田港から定期船で 75 分のところにある有人離党、飛島にカメラを持ち込んで現在140人が暮らす地元の人々の生活をスケッチした作品である。  飛島小中学校の生徒は中学3年生になったばかりの渋谷新君一人だけである。映画は彼が授業を受けて卒業し、酒田市の高校に通うために島を出ていくまでの一年間を追いかけている。島に移住し介護の仕事をしている新君の両親、そして昔から島に住むお年寄りたちとの交流、あるいは U ターン、 I ターンで島に来た人たちが新しい生き方を模索しながら生きてゆく姿が淡々と映し出される。  島の面積は2. 75㎢ で全域が国定公園に指定されている。昔は漁業や農業で生計を立てていた人たちは今、「わびしくなった…」とつぶやく。それでも、「合同会社とびしま」を若者たちで立ち上げた本間当さん (38) は「ここでもう一度生きよう」と仲間に呼びかける。大宮浩一 (61) と女性の田中圭 (33) の新旧監督が組んでいい仕事をした作品。励みになり、元気になれる映画である。(映画評論家・高橋聰)

ズッキーニ初収穫

イメージ
「初夏」というより「盛夏」の天候が続く、きのう今日…。 今朝ズッキーニを初収穫。さっそくオリーブオイルで炒めて食卓に! 6月18日発行の合併号「神付ふるさと村便り」で岩田会長がこんな文章を書いておられます。 「自国の食料は自国で賄えるように自給自足率を高める必要があると思います。最近、自分で食べる安全な野菜は自分で作りたいと『神付ふるさと村』を訪れる人が増えてきました。コロナウイルス感染拡大が農業を見つめ直す機会になっているのかも分かりません。」 我が家も神付ふるさと村農園を借りて早15年以上。 今回のコロナ禍で畑の存在にどれだけ救われたことか…。 野菜は足音を聞いて育つ、という。 獲れたての野菜を毎朝食べて、この暑さを元気に乗り切るぞ! (編集室/ちぇけら・ケイ)

6・7月合併号に向けて!

イメージ
こんばんは~お久しぶり~ちぇけら・ケイです。 関西の緊急事態宣言解除が発表されました。 でも手放しでは喜べませんね、まだまだ心配。 宣言が出てから事務所にはほとんど出勤せず、テレワークで1ヵ月半。 電話は転送にしていたはずだけれど「電話が繋がらなかったからコロナ禍で潰れたんかと思ったわ~」と長年お世話になっている方に心配をかけてしまったようです。 久しぶりに出勤して、窓際を見て気持ちがパッと明るくなりました。4月初旬は雑草だらけだったのに…自然の生命力ってスゴいです。 いつもより手間暇かけて料理を作り、ホームシアターを楽しみ、ベッドで夜更まで読書して…ステイホーム生活を満喫。 来週から気持ち切り替え6・7月合併号に向けて!!! 合併号は6月18日に発行します。だいぶお待たせしちゃいますが、悪しからずご了承ください。

済生会兵庫県病院の健康講座中止のお知らせ

月刊たうんらいふの4月号に掲載されております済生会兵庫県病院の健康講座「鼡径ヘルニアについて」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止となりました。 読者の皆様にはご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。